MENU
※本ページはプロモーションが含まれています

ジブリパーク魔女の谷/アトラクションは?SNS映スポットやアクセス&駐車場情報!

てん丸の手描きイラストの4人と記事タイトル

ジブリパーク魔女の谷は、2024年3月16日に愛知県の広大な愛・地球博記念公園内に開園しました。

この新エリアは、ジブリの代表作「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」をテーマにしており、映画の魅力を現実のものとして体験できる多彩なアトラクション、飲食店、ショッピング施設を提供しています。

また、ファンにはたまらないSNS映えする撮影スポットも充実しており、ジブリの世界観を存分に楽しめる設計となっています。

てん丸

ジブリ映画の魔法に包まれた、特別な時間を過ごすための最適な「魔女の谷」の情報を一緒に見ていきましょう♪

目次

ジブリパーク魔女の谷/基本概要

ジブリパーク魔女の谷は、スタジオジブリの代表的な作品をテーマにした魅力的なエリアで、2024年3月16日に愛知県の愛・地球博記念公園 (モリコロパーク) 内にオープンしました。

このエリアは、映画の魔法を現実のものとして体験できるように5エリアが点在しており、各種アトラクションや飲食店、ショッピング施設が完備されています。

また、SNS映えする撮影スポットや家族連れからアート愛好家まで楽しめるコンテンツが豊富にあります。

来園者は、映画の世界に没入しながら、一日中ジブリの魔法に囲まれた時間を過ごすことができるでしょう。

かなた

ジブリパーク魔女の谷は、すべてのジブリファンにとって、夢のような場所ですね♪

スクロールできます
魔女の谷/開園日2024年3月16日 (土)
※ジブリパーク開園日/2022年11月1日(火)
所在地愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内
営業時間平日     10:00~17:00
※学校の長期休暇期間の平日 9:00~17:00
土日祝 9:00~17:00
閉園日毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
※学校の長期休暇期間は営業
年末年始(12月29日~1月1日)
アクセス【鉄道】
リニモ「愛・地球博記念公園駅」下車1分
【バス】
名鉄バス「愛・地球博記念公園駅」下車1分
【自動車】
東名高速道路 日進JCT経由 名古屋瀬戸道路「長久手IC」より東へ5分
東名高速道路「名古屋IC」より東へ20分
駐車場入場から1時間30分以内の出場は無料
(1)通常期料金
大型車 1,700円
普通車 500円
二輪車 200円
(2)混雑期(土日祝日・GW・お盆)料金
大型車 3,400円
普通車 1,000円
二輪車 400円
※普通車回数券11回分5,000円販売
チケット
購入方法
エリアごと、日時指定の予約制
※入場時間のみ指定、退場時間制限なし
Boo-Woo(ブーウー)チケット」、ロッピー
11月入場分は8月10日から予約開始
チケット料金
(税込)
ジブリパーク大さんぽ券他/全3種のチケット
 平日 大人3,500円/子ども1,750円
 土日休 大人4,000円/子ども2,000円
※子ども(4歳~小学生)料金は、大人料金の半額
※3歳以下は入場無料

※ジブリパーク指定の障害者手帳提示で、同伴者1人まで半額料金
※別途、1枚につき110円の発行手数料が必要
※愛・地球博記念公園への入場自体は無料
運営団体
問い合わせTEL
株式会社ジブリパーク
0570-089-154(ジブリパーク営業時間内)

魔女の谷/魅力的なエリア内容は?

ジブリパークの魔女の谷のエリアでは、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」「アーヤと魔女」をテーマにしたアトラクションや建物が点在しています。

ジブリパーク魔女の谷/エリア情報
  • オキノ邸
  • グーチョキパン屋
  • ハウルの城
  • ハッター帽子店
  • 魔女の家
  • メリーゴーランド
  • フライングマシン
  • 飛行機乗りの塔
  • 空飛ぶオーブン
  • ホットドッグスタンド ホット・ティン・ルーフ
  • 13人の魔女団

具体的には、オキノ邸やグーチョキパン屋、ハウルの城などがあり、遊具や食事処、土産店も充実しており、家族連れから大人まで楽しめるよう設計されています。

特に「グーチョキパン屋」では、本物のパンが販売されているという点が興味深いです。

このエリアには、他にもフライングマシンや空飛ぶオーブン、メリーゴーランドなどのファンタジックなアトラクションがあります。

さらに、ホットドッグスタンド「ホット・ティン・ルーフ」や13人の魔女団といったユニークなスポットも見どころの一つです。

ジブリの魅力がたっぷり詰まった魔女の谷エリアは人気が高く、チケット入手が難しいことも予想されますが、訪れる価値は高いです。

りおちゃん

興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪

魔女の宅急便・ハウルの動く城・アーヤと魔女

新エリア「魔女の谷」では、ジブリ作品「魔女の宅急便」、「ハウルの動く城」、「アーヤと魔女」をテーマにした世界観が広がっています。

来園者はキキの愛らしい家やハウルの魔法の城、アーヤの冒険が繰り広げられる場所を実際に体験することができます。

これらのエリアは、映画の魔法が現実になったかのようなデザインで、訪れる全ての人々を夢の世界へと誘います。

エリア内の建物とその特徴

「魔女の谷」内の建物は、それぞれの作品の重要なシーンを映し出すように設計されています。

例えば、「ハウルの動く城」のエリアには、動く城そのものを模した遊歩道や、城の内部を再現した展示があります。

また、「魔女の宅急便」のエリアでは、キキがパン配達を行っていた「グーチョキパン屋」が実際にパンを販売する店舗として設けられており、来場者は映画に登場するパンを味わうことができます

ハル

これらの建物は、映画のファンはもちろん、初めて作品に触れる人々にも楽しんでもらえるように魅力的に作られています!

魔女の谷での体験

ジブリパークでの体験活動

ジブリパークの魔女の谷エリアでは、来園者が直接映画のシーンを体験できる多彩な活動が用意されています。

例えば、「キキの飛行教室」では、VR技術を用いてキキのほうきに乗って空を飛ぶ体験ができます。

また、「ハウルの魔法体験」では、ハウルの魔法の指輪を使って様々な魔法を体験するワークショップが開催され、参加者は自ら魔法を使う楽しみを味わうことができます。

これらの体験は、映画のシーンを再現しながらも、参加型のエンターテイメントとして設計されているため、訪れる全ての人に新鮮な楽しさを提供します。

子供から大人まで楽しめる施設

魔女の谷エリアは、年齢を問わずすべての訪問者が楽しめるように設計されています。

子供向けの遊び場から、大人が楽しめるアート展示まで、幅広いコンテンツが揃っています。

特に、家族連れには「ジジの冒険プレイランド」がおすすめで、このエリアではジブリのキャラクターたちと一緒に様々な冒険が体験できます。

また、アート好きな大人たちは、ジブリ作品のオリジナルスケッチや制作過程を展示する「魔女のアートギャラリー」を堪能することができます。

\かわいいトトロのタオルケット♪/


魔女の谷のSNS映えスポット

「ハウルの寝室」「キキの部屋」
SNS映えスポットは?

かなた

ジブリパークの魔女の谷には、SNSでシェアしたくなるようなフォトジェニックな撮影スポットが数多く存在します!

人気SNS映えスポット
  • ハウルの城
    魔女の谷エリアの見どころの一つ
    この15メートルの高さを誇る壮大な建造物は、圧巻の存在感
  • ハウルの寝室
    ここには、魔法使いらしいユニークな装飾が施されている
  • 城の居間
    カルシファーがかつていた広々とした炉が中心にあり、床には魔法の円も描かれており、映画の世界を忠実に再現
  • オキノ邸
    キキの故郷であり、彼女が成長した家
  • 魔女の店
    キキの母が経営する魅力的な店舗
  • キキの部屋
    可愛いだけでなく、ベッド上の詳細にも注目!バッグや荷造り中の荷物、父親からの贈り物である赤いラジオも配置
  • 魔女の家:家具やテーブルの上に至るまで、細部にわたって忠実に再現
  • レストラン棟:池の近くに位置するレンガ造りのレストラン

特に人気なのは、「ハウルの寝室」「キキの部屋」で、これらのエリアは映画に登場するそのままのデザインで再現されており、訪れるファンなら誰もがその場で写真を撮りたくなる魅力的なスポットです。

ハウルの寝室では、天井から吊り下げられた星や幻想的な照明が設置されており、映画の中に入り込んだような感覚を味わえます。

また、キキの部屋では、キキが実際に使用していたような小物や家具が配されており、来園者はキキと同じ空間で過ごしている気分を楽しむことができます。

飲食店とショッピング施設

「グーチョキパン屋」など4ショップ

ジブリパークの魔女の谷エリアでは、映画のシーンを再現したレストランとショッピング施設が充実しています。

https://twitter.com/maroron_GHIBLI/status/1784895764029682050
レストランとショップ情報
  • グーチョキパン屋
    さまざまなパンを取り扱っており、訪れる人々に人気
  • 空飛ぶオーブン
    パイやキッシュなど、オーブンで焼き上げる料理を中心に提供
  • ホット・ティン・ルーフ ホットドッグスタンド
    大きなソーセージを使用したホットドッグが特徴的で、小さめのパンで提供されるのが特徴
  • 13人の魔女団
    このエリア限定のオリジナルグッズを販売するショップ

「グーチョキパン屋」は、「魔女の宅急便」に登場するキキがアルバイトをしていたパン屋を模した店舗で、手作りの温かみのあるパンやスイーツが楽しめます。

また、「13人の魔女団」のショップでは、映画「アーヤと魔女」に登場する魔女たちのグッズや特別なアイテムが購入できる、ファンにはたまらない場所です。

てん丸

これらの店舗は、映画の雰囲気を存分に味わいながら、お土産選びや食事を楽しむことができるようデザインされています♪

\思わず一目惚れ♪(^q^)✧*。/


アトラクション施設は?

メリーゴーランド・フライングマシン等

魔女の谷エリアには、子供から大人まで楽しめるアトラクションが多数設置されています。

中でも「メリーゴーランド」は、ジブリのキャラクターたちがデザインされた乗り物で、まるで映画の世界に迷い込んだような体験ができます。

ジブリパーク魔女の谷/アトラクション情
  • メリーゴーランド
    3~12歳500円
    大人1,000円
  • フライングマシン
    3~12歳500円
    付き添いの大人500円
    (※大人のみの場合は、利用不可)
  • 飛行機乗りの塔
    (※子供向けの遊び場)
    ※すべて税込表示

さらに、「フライングマシン」は、空を飛ぶ体験を提供するアトラクションで、特に「ハウルの動く城」のファンにはおすすめです。

これらのアトラクションは、安全に楽しめるよう最新の技術が導入されており、訪れる全ての人に忘れられない思い出を作る機会を提供します。

ジブリパーク魔女の谷/チケットの種類と料金

ジブリパーク魔女の谷を訪れる際、様々なタイプのチケットが用意されています。

ジブリパーク大さんぽ券

2か月前の10日14:00に予約販売開始

このチケットでは、ジブリパーク内の全5エリアを自由に巡ることができますが、「ジブリの大倉庫」に関しては入場時間が決められています。

さらに、カフェやレストラン、ショップ、遊具や乗り物の利用も可能ですが、これらは別途料金が発生します。

特にジブリの大倉庫を中心にパークを楽しむことを計画中の方には最適です!

ジブリの魅力的な世界を満喫しながら、お好きなエリアを訪れ、写真を撮ったりオリジナルグッズを選んだりして、食事を楽しむことで、一日があっという間に過ぎていくでしょう。

ただし、特定の建物「地球屋」(青春の丘エリア)、「サツキとメイの家」(どんどこ森エリア)、そして「オキノ邸」「ハウルの城」「魔女の家」(魔女の谷エリア)内部の観覧は含まれていません。

料金

スクロールできます
 日にち 大人子ども(4歳~小学生)
平日3,5001,750
土・日・休4,0002,000

入場時間枠(「ジブリの大倉庫」のみ指定)

9:00 (※土・日・休のみ)
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

ジブリパーク内の「ジブリの大倉庫」を除く他の4つのエリアでは、入場時間を事前に指定する必要はありませんが、入場待ちの列ができている場合には、順番にお並びいただくことになります。

訪問日は、全員が16:30までに到着していることが必要です!

特に「青春の丘」と「どんどこ森」エリアは、16:00を過ぎると閉園時間の17:00に近づくにつれて人出が増えるため、混雑を避けたい場合は、午前中または午後の早い時間に訪れることを推奨します。

ジブリパーク大さんぽ券プレミアム

2か月前の10日14:00に予約販売開始

ジブリパーク全体の5つのエリアと、特定の人気スポット「地球屋」(青春の丘エリア)、「サツキとメイの家」(どんどこ森エリア)、さらに「オキノ邸」「ハウルの城」「魔女の家」(魔女の谷エリア)の内部も含めて観覧可能な全アクセスチケットです。

ただし、「ジブリの大倉庫」への入場は時間が指定されています。

このチケットでは、カフェやレストラン、ショップ、遊具や乗り物の利用も可能ですが、これらは追加料金が必要です。

ハル

このチケットは、内部も含めて観覧可能なので、ジブリパークを存分に楽しむための最適なの選択肢です♪

公園は広大で時間も限られていますが、このプレミアムチケットを持つことで、特に「地球屋」、「サツキとメイの家」、「オキノ邸」、「ハウルの城」、「魔女の家」の内部をじっくりと観覧したい方におすすめです。

料金

スクロールできます
日にち 大人子ども(4歳~小学生)
平日7,3003,650
土・日・休7,8003,900

入場時間枠(「ジブリの大倉庫」のみ指定)

9:00 (※土・日・休のみ)
10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00

ジブリパークの4エリアについては、「ジブリの大倉庫」を除いて入場時間の予約は必要ありませんが、場合によっては入場待ちの列ができることがありますので、その点をご理解ください。

また、訪問日には16:30までにグループ全員が揃っている必要があります。

特に「青春の丘」と「どんどこ森」のエリアは、閉園時間(17:00)に近づく16:00以降に混雑が予想されます。

そのため、朝から早い時間帯に訪れることを推奨します。

ジブリパークさんぽ券

来園日の7日前17:00に予約販売開始

このチケットで「青春の丘」「どんどこ森」「もののけの里」「魔女の谷」という4つの屋外エリアを訪れることができます。

ただし、「魔女の谷」のみ、入場時間が午前と午後に分かれて指定されています。

これらのエリア内のカフェやレストラン、ショップ、さらには遊具や乗り物の利用も可能ですが、これには追加の料金が発生します。

てん丸

チケットは発売開始から1週間前なので、来週の計画を立てている方に特におすすめです!

ジブリパークを満喫し、愛・地球博記念公園での一日を楽しんでみてください。

  • ただし、特定の建物「地球屋」(青春の丘)、 「サツキとメイの家」(どんどこ森)、そして「オキノ邸」「ハウルの城」「魔女の家」(魔女の谷)内部への観覧は含まれていません。

料金

スクロールできます
 日にち 大人子ども(4歳~小学生)
平日1,500750
土・日・休2,0001,000

入場時間枠(「魔女の谷」のみ指定)

午前(開園時刻~13:00)
午後(13:00~16:00)

「魔女の谷」を除く他の3つのエリアでの入場は、時間を指定する必要はありませんが、入場待ちの列が発生している場合には順番にお並びいただくことになります。

訪問予定日は16:30までに全員が集まっていることが求められます。

特に「青春の丘」と「どんどこ森」のエリアでは、16:00以降に人出が増え、閉園時刻の17:00に近づくと特に混雑しますので、早めの時間帯にご来場されることをお勧めします。

チケットはオンラインで簡単に購入可能で、事前購入を推奨しています。

かなた

特に開園日や週末は混雑が予想されるため、スムーズな入園のためにも前もっての購入がおすすめです♪

コウくん

↑↑ 再入場できるのは嬉しいかも?(^q^)✧*。

ジブリパーク魔女の谷
アクセス&駐車場

りおちゃん

ジブリパークは愛・地球博記念公園(別名モリコロパーク)内に位置しています!

ジブリパークへのアクセスについて、公式サイトは公共交通手段の使用を推奨しています。

ジブリパークのアクセス方法
  • 所在地
    愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
  • 電車
    愛知高速交通 東部丘陵線(リニモ)
    「愛・地球博記念公園」駅から徒歩すぐ
  • バス
    名古屋駅・名鉄バスセンター4階24番のりば
    「愛・地球博記念公園(ジブリパーク)」行き

    中部国際空港第一ターミナル「藤が丘」経由
    「愛・地球博記念公園(ジブリパーク)」行き
  • 車利用
    東名高速道路・日進JCTから、名古屋瀬戸道路に分岐『長久手IC』東へ約5分
    または、東名高速道路『名古屋IC』から東へ約20分

地元の方々には、リニモ電車を利用することが特にお勧めされています。

愛知県外から新幹線で来る方は名古屋駅からのバス、飛行機で来る方は中部国際空港からのバスが便利です。

公共交通を利用することが可能な方は、ジブリパークへの訪問にバスや電車を活用してみてください。

ジブリパーク駐車場は?

【駐車場営業時間】
 4月~10月  8:00~19:00
11月~ 3月  8:00~18:30
※ただし休館日は8:00~17:30入庫は公園閉門の1時間前まで

【駐車場料金】
①通常期(混雑期以外の日)料金
②混雑期(土日祝日・GW・お盆)料金

普通車 ①500円 ②1,000円
普通車回数券(11回分5,000円)
※通常期、混雑期を問わず、回数券1回分で駐車場を利用可能
二輪車 ①200円 ②400円
大型車 ①1,700円 ②3,400円

・北1駐車場  821台
・北2駐車場 297台
・東駐車場  562台

・西駐車場   386台
・南駐車場   356台

・多目的広場臨時駐車場 500台

コウくん

↓↓ ジブリパークのチケット付きプランも見てみてね♪

嬉しいジブリパークのチケット付ホテルツアー♪ /

ジブリパーク「魔女の谷」/まとめ

ジブリパークの新エリア「魔女の谷」が、2024年3月16日に愛知県の広々とした愛・地球博記念公園内で開園しました。

このエリアは、「魔女の宅急便」「ハウルの動く城」などジブリの代表作をテーマに展開されており、映画の世界をリアルに体験できる様々なアトラクション、飲食店、ショッピング施設が整備されています。

てん丸

ジブリファンにはたまらない、SNS映えする撮影スポットも豊富に用意されており、ジブリの世界観を思う存分楽しめるようになっているので、これからさらに人気のスポットになりそうですね♪

目次