急にヘルニアになった夫。内視鏡手術で腰痛なしになったよ!!

2022年4月16日

急にヘルニアになった夫は生活習慣病のスタートだった^^;

2018年から数年間は…私にとって怒涛の日々で、もう本当に一人暮らししていたらどんなに楽か?と思うほど色々なことがあったんですよ~!!(笑)

今回のヘルニアから始まり、癌化してきつつあるから今のうちに~と…大腸ポリープの切除手術、やっと終わったな~と思ったら…今度は突然、耳が聞こえなくなった突発性難聴に!

そうしているうちに太ってないのに顔にむくみが出て…最後は腎臓の近くにある副腎に腫瘍ができてこれまた入院手術へ。(笑)

もう笑っちゃうくらい怒涛に押し寄せてきたもんだから、さぁ大変⁉ってかんじだったわけで…

今だから何てことなく話せますが、マジで精神的に辛かったですよ~!(笑)


そんなことがあったからこそ、副業で物販を~となって色々チャレンジすることができたので、今となっては人として?の経験値をUP❓できたのかと思うのですが…

当時の私にはよく頑張った!と言ってあげたいと(笑)

呑気な性格でほんとよかったと思うのですが、家族に翻弄された数年を乗り越えたおかげで…以前より生きやすくなったりもあったりするので、今大変なの~⁉(>_<)という方の参考になれば幸いです。

✅うちの夫が突然ヘルニアに⁉


…うちは大丈夫かな?と何となく思っていた数年前。それが急に夫がヘルニアに!

良いといわれる整体にも通ってみたり、色々と試行錯誤してみたものの…日に日にどんどん悪くなっていきました。


手術を~となる直前は…あと100?200mの帰路が一人で歩いて帰宅できないと電話があった時は本当に驚きました!!

こんな距離も一人で歩けなくなるのに…そう時間はかからなかったのです!!

腰椎椎間板ヘルニア・原因と主な症状

腰椎椎間板ヘルニアは 背骨の腰付近にある腰椎の中にあるクッション材の役割を果たす椎間板に亀裂が生じ、椎間板の内側にある髄核という組織が漏れて神経を圧迫する病気です。

★10代から40代など、幅広い年代の方に発症のリスクがあり、長時間座っていたり、重い物を持つ時に椎間板ヘルニアが発症する方が多い。

★腰痛や、お尻、脚のしびれや痛みが主な症状。

椎間板ヘルニアに適応される手術

椎間板ヘルニアに適応される手術は、内視鏡下手術やレーザー治療、切開手術、神経ブロック療法など多岐にわたります。
それぞれ局所麻酔か全身麻酔か、入院日数や有効率などに違いがあり、どの手術を受けるべきか悩んでいる方も多いそうで、現在でも手術を怖がって…ブロック注射などで我慢して生活をされている方も多くいるようです。


ともかく切開しなくてもいいPED手術を希望!


従来の手術は…背中の皮膚の切開し、脊椎からヘルニアを摘出するという内容だったため、骨を削って行うこともあるそうです。

大きく切るからなのか、逆に失敗して歩行がしにくくなったというのも耳にしていたもので、ともかく切開部分が小さくすむような手術を~と、もうネットで検索しまくりました!(笑)

PED手術【PELD法 (PELD法) 】とMED法



PED手術【PELD法(PED法)】というのは…経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術という、内視鏡を用いた腰椎椎間板ヘルニア手術。

僅か7mmほどの内視鏡の筒を炎症部分に直接刺しこむため、骨や筋組織を傷つけずに手術することが可能。

患者はうつぶせの姿勢で手術を受けます。ヘルニアの出ている場所、大きさなどを考慮し、内視鏡(筒の先端部分に内視鏡が付いているため、手術の際は炎症の確認がしやすく、安全に行うことが可能に)を入れ手術を行う。

この他に【MED法】という…同じく内視鏡を使用した手術があるのですが、PEDと類似点が多いものの、MED法(PED法は7mmほどの内視鏡の筒の大きさですが)は…1.6cmほどの筒で手術をするため、PED法の方がより傷口も小さいため…入院日数も少なくすむのが特徴。

■内斜視手術による腰痛治療のメリット


PEDの特徴は理解しても、他の手術と比較してどのようなメリットがあるのか知りたい方に向けて、この項目では、内視鏡手術のメリットをご紹介したいと思います。

★傷跡が小さく目だない
特徴の項目で述べられたように、PEDの良いところは、筒(針)の細さです。MEDは、PEDと比較しても1.6cmと筒が大きいため、筒を挿入する際に同程度の切開を行いますが、
PEDの場合は、7mm程度の切開になるため、MEDよりも傷跡が小さくなります。

傷口が小さくすむPED法を希望たものの、MED法に!?

上記をふまえて…うちはもちろんPED法を希望だったんですが、夫のヘルニア部が思いのほか大きいとのことで、MED法で手術を行うことになりました(;^ω^)

本来入院期間は手術後4日ほど&土日を挟むということで、土曜日入院 → 月曜日手術 → 金曜日退院になりました。

MEDの入院から退院まで👇


手術前日 術前の準備。(飲食は夕食まで摂取可能。飲水は夜21時まで可能)

手術当日 注射・点滴などの事前準備→ストレッチャーで手術室へ移動。

手術後しばらくしてから病室へ。(飲食・飲水は不可)

術後1日 飲食可能。ベットから起き上がれる。

術後2日 散歩をすることができる。

術後2~4日 退院。【PED法の場合は術後1~2日で退院可能】

術後1~2週間 軽作業が可能になる。


✅気になる入院・手術費は?👇

保険適用で30%の自己負担率の場合、4~6日入院で約25~30万円ほど。(高額療養費現物給付化制度が使える。)

まとめ

さてさて手術後の夫の腰の状態は…もう腰痛があったことがウソのように走ることもできるし、ヘルニアになる前と同じく走ることも可能になりました!

一時期はどうなるかと思ったライム家のヘルニア騒動?でしたが、今では普通に生活できております。


傷跡が残りにくい内視鏡手術とはいえ…術後が心配な方もいらっしゃるかと思いますし、全くのリスクなしではないので最後はやはり本人次第になってしまうのですが、何年も苦しむより~と思われる方の選択肢の1つになれば幸いです。


✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

⬇️次記事…好き嫌いの代償が、将来の腎臓の病気に繋がるという事!?

https://biemwu.org/nyouro-calculus/

-(^O^)/