MENU
※本ページはプロモーションが含まれています

カンドゥー/ポケモンセンターの混雑回避して楽しむ予約戦略を調査!

てん丸の手描きイラストの4人と記事タイトル

屋内型仕事体験テーマパーク「カンドゥー」では、ポケモンセンターで、実際にポケモンスタッフとしての業務を経験し、貴重な社会的スキルを学ぶことができます!

キャラクター選びから商品説明、実際の販売まで、子どもたちは自らの役割を果たし、成長の機会を享受します。

親子で楽しめるこの体験は、年齢によって感じ方も変わっていくので、1回といわず、数回体験もおすすめです♪

てん丸

この記事では、ポケモンセンターのアクティビティーの魅力と流れ予約方法について詳しくご紹介していきたいと思います!

目次

カンドゥー/基本情報

カンドゥーは、パイロット、消防士、警察官からモデル、アイスクリーム屋さん、ロボットエンジニアまで、35種類以上の職業を体験できるテーマパークです。

この施設は、2部制で運営されており、第1部(10:00~14:30)第2部(15:30~20:00)に分かれています。

各部は完全入れ替え制で、入場者数にも制限がありますから、過度に混雑することなく楽しめます。

通常、第2部は第1部に比べて空いていることが多く、家族連れには特にお勧めです。

また、カンドゥーはJR京葉線「幕張豊砂」駅直結の「イオンモール幕張新都心」内にあり、アクセスが非常に便利です。

車がなくても訪れやすく、親御さんは帰りの心配をせずに施設内でリラックスできる環境が整っています。

かなた

カンドゥーのもっと詳しい概要などは、こちらから>>カンドゥーとキッザニア/どちらが子供におすすめ?5つの違いを徹底比較!

アクティビティーの紹介

ポケモンセンターは、カンドゥーで非常に人気の高いアクティビティーの一つです♪

訪れる多くの親子連れやポケモンファンが、この体験型アクティビティーでポケモンスタッフとしての一日を体験できます。

このアクティビティーは、特に小さな子供たちにとって、ポケモンと直接関わる貴重な機会を提供し、彼らがポケモンの世界に没入できるように設計されています。

コウくん

アクティビティーでは、参加者がポケモンセンターのスタッフとして、指定されたポケモンの担当になります!

参加者はそのポケモンの特徴を学び、来店する「お客様」に対して、そのポケモンの商品をうまく紹介し、売り込みます。

このプロセスを通じて、子供たちは基本的な接客スキルと販売技術を学び、自信を深めることができます。

アクティビティーの開始は10:00で、受付は非常に早い段階で終了することが多いので、早めに来場することが推奨されます。

このポケモンセンターでの体験は、ただ楽しいだけでなく、子供たちにとっては社会性やコミュニケーション能力を養う教育的な要素も含んでいます。

参加者はこの一日を通じて、ポケモンの世界で働くことの楽しさと、顧客との対話の重要性を学びます。

ポケモンセンタースタッフ

ポケモンセンタースタッフとしてのお仕事は、カンドゥーで非常に人気が高く、子どもたちが一日店員としてポケモン商品を扱う体験ができます。

参加者がポケモンのキャラクターを選び、そのポケモンの特徴や商品知識を学んだ後、実際に店舗で「お客様」(主に保護者や他の子どもたち)を相手に接客を行います。

\指が痛くならないストラップリング♪/


ポケモンセンタースタッフはどんなお仕事?

参加者は、ポケモンの各キャラクターの性格や特徴を理解し、それに基づいて商品をお客様に説明し販売する役割を果たします。

このプロセスでは、子どもたちがリアルな販売環境での対人スキルやプレゼンテーション技術を磨くことができます。

りおちゃん

商品の整理在庫管理の基本も学べるのも人気のポイントみたいですよ♪

体験後の成果は?

アクティビティーの終了時には、参加者はいくつかの記念品を受け取ることができます!

これには、オリジナルのビニールバッグ、クリアファイル、そして参加証明としてのレシートが含まれます。

これらの成果品は、子どもたちにとっての努力と達成の証となり、記念品としてお土産の1つになっています。

タイムスケジュール

アクティビティは一日中複数の時間帯で実施されており、各セッションは約30分間です。

営業時間は10:00から14:30までで、一部の時間帯には複数の枠が設けられています。

北欧柄テイストのおしゃれなAirPodsケース♪/


何人体験できる?

各セッションには最大で3名の子どもが参加できます。

少人数制なので、スタッフが各参加者に十分な注意を払い、個々の学習経験を充実させることができます。

予約の方法は?

予約はカンドゥーの入口近くにある専用の予約機で行います。

予約機はアクティビティ開始の前に操作可能で、早めに到着して予約をすることが推奨されます。

予約は取りやすいか?

ポケモンセンターのアクティビティは非常に人気があり、開園直後に予約が埋まることが多いです。

そのため、予約を確実にするには開園前に来場し、すぐに予約機へ向かうことが最も効果的です!

ポケモンセンター/体験の流れ

ポケモンセンターでのアクティビティは、子どもたちがポケモンスタッフとしての一日を経験するための一連のステップから成り立っています。

ハル

以下のステップに沿って、実際の店舗での作業を体験していきます!

キャラクターを選ぶ

  • アクティビティの最初のステップでは、参加する子どもたちが自分が担当するポケモンのキャラクターを選びます。

この選択は、この選択がその後の活動の基盤となり、子どもたちのポケモンに対する愛着や興味に基づいて行われ、それぞれが異なるポケモンを選ぶことができます。

キャラクターの特徴を覚える

  • キャラクターを選んだ後、スタッフは子どもたちにそのポケモンの特性や背景、関連する商品情報を教えます

この情報は、接客時にお客様にポケモンの魅力を伝えるために使われ、教材やクイズ形式で楽しく学べるよう工夫されていることが多いです。

保護者を相手に接客に挑戦

  • 一通りのトレーニングを終えた後、実際の接客体験が始まります。

ここでは、保護者がお客様役を務め、子どもたちは学んだ知識を生かしてポケモン商品を紹介し、売り込みます。

コウくん

このステップでは、僕のような子どもが実際に「店員さん」になることで、人前で話すスキルや自信を培うことができるんだって!

レジに挑戦

  • 最後に、商品が売れた後はレジでの体験をします。

子どもたちは、保護者から「お金」を受け取り、適切に会計を行い、商品を渡します。

このプロセスを通じて、基本的な金銭管理やお客様との最後の接点である礼儀正しい振る舞いを学びます。

これらのステップで学ぶ機会になるポケモンセンターでの一日は、子どもたちにとって非常に刺激的な、楽しい経験として残りそうですね!

\4歳 から遊びながらの知育♪/


ポケモンセンター混雑回避・予約戦略/まとめ

カンドゥーのポケモンセンターでは、子どもたちがポケモンスタッフとしての一日を体験することができます。

このアクティビティは、子どもたちにとって単なる遊びではなく、実際の接客体験や商品知識の習得、楽しみながら社会性や自信の向上につながる貴重な機会を提供してくれます!

各ステップは教育的でありながら楽しいもので、参加することで子どもたちは新たなスキルを身につけ、成長することができるのが嬉しい施設ですね♪

しかし、体験できる枠は限られており、各枠で体験できる人数も限定されているため、予約は戦略的に行う必要があります!

てん丸

体験には予約が必要ですが、計画的に訪れることでスムーズに楽しむことができあおうですね♪

目次