MENU
※本ページはプロモーションが含まれています

くら寿司グローバル旗艦店/銀座にOPEN!詳細や口コミを調査!

てん丸の手描きイラストの4人と記事タイトル

銀座の街に2024年の4月下旬、マロニエゲート銀座2で「くら寿司 グローバル旗艦店 銀座」がお目見えしました!

この記事では、銀座に新しく誕生するマロニエゲート銀座2の魅力をたっぷりとお伝えしていきたいと思います。

くら寿司がどうやって、伝統の寿司文化をグローバルな視点で新しく表現し、増え続ける訪日外国人のお客様に応えているのか、興味深いですよね。

クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏の素敵なデザインのこだわりや、他の店舗との違い、さらには既存店舗の口コミもご紹介していきます。

てん丸

くら寿司がいかにして「安心・おいしい・安い」から「楽しい」へと変わったのか、その魅力を一緒に見ていきましょう~♪

目次

銀座に新しい顔、くら寿司グローバル旗艦店が登場

2024年4月下旬/マロニエゲート銀座2にオープン!

2024年の4月下旬、銀座の街にくら寿司グローバル旗艦店が、マロニエゲート銀座2の7階にオープンするんです。

東京メトロ銀座駅やJR有楽町駅からすぐの好立地で、銀座の街に新たな楽しみをもたらしますよ。

銀座の魅力とくら寿司の新しい挑戦

銀座って、世界中の美食家が集まる素敵な場所ですよね。

そんな銀座で、くら寿司は日本の伝統的な寿司を、新しいスタイルで提供しようとしています。

国内外のお客様に、新鮮な寿司体験をお届けすること、それがくら寿司の新しい挑戦なんです。

訪日外国人の増加と、くら寿司の役割

最近、インバウンド効果もあり、日本に来る外国人観光客がどんどん増えています。

やはり、日本の新鮮な寿司の文化を楽しみにしている観光客が本当に多いそうです。

そんな中、くら寿司は日本の食文化を広める大切な役割を担っているんです。

銀座のグローバル旗艦店は、世界中の人々が集まる素敵な交流の場になることでしょう。

佐藤可士和氏の手がける/心温まるデザイン

和の心を感じるモダンな空間

店内の内装は世界的なクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が監修の素晴らしいセンスが光っています。

白木の柱や畳の座席など、日本の伝統美が感じられる空間で、現代的なスタイルと見事に融合。

店内は、訪れた人が自然とその魅力を伝えたくなるような、印象的なデザインになっているんです。

かなた

銀座の立地ならではのモダンな空間での食事は、特別な時間を過ごすことができそうですね!

世界各地の店舗との違い

くら寿司には、世界中に個性的な店舗があります。

浅草店は江戸時代の「和」を感じさせ、道頓堀店は「浪速の祭り」がテーマ。

銀座店は、これらとはまた違った、国際的でモダンな雰囲気を持ちつつ、日本の伝統を大切にしています。

銀座での素敵な一日をくら寿司と共に

皿にアジ2貫がのっている画像

銀座駅からのアクセスは?

マロニエゲート銀座2

目次