MENU
※本ページはプロモーションが含まれています

韓国の学校の新学期はいつから?日韓で冬休みの日数が大きく違う面などを解説!

ハート型のイラストの中に記事タイトル・韓国の大学と勉強している女性2人の画像

春が気づいて、日本では高校や大学の新しい年度が始まりますね。この時期には新しいチャレンジを始めたいと思う人も多いでしょう。

特に、「留学してみたい」と考える人もいるかもしれません多くの人が4月からの留学を検討する中で、韓国の学校年度開始時期についての情報などご存知でしょうか?

日本では4月、アメリカでは9月から始まるのが一般的ですが、韓国でも2学期制なんです。

てん丸

この記事では、韓国の教育制度と学期のスケジュールなどについて詳しく解説します。

目次

韓国の学校教育制度は?

メモにペンで韓国語の文字を書いている画像

教育システムは?

韓国の教育制度は、初等教育と中等教育が義務教育とされており、日本と同様に6年間の初等教育(小学校)と3年間の中学校教育を含みます。

さらに、高等教育への進学は非常に高い割合を示しており、高校へは約99%の生徒が進学し、4年制大学への進学率も約69.8%となっています。

韓国における学期の区別

教室の画像

韓国の学校ではアメリカなどと同じく、年間を2学期制で分けています。

最初の学期は3月からスタートし、2学期は8月終わりに始まるのが一般的です。

具体的には、3月から7月中旬までを1学期とし、その後の8月終了までが夏休み期間になります。

その後、2学期は8月終了から12月終わりまで続き、冬休みは12月終わりから2月初めまでです。

約1週間から10日間の授業があり、2月終了には短い春休みが設けられ、3月に新たな学期が開始されます。

韓国と日本の学校制度の違い

韓国の給食例

韓国の教育システムは、日本と同様に満6歳で小学校に入学し、その後中学、高校、大学へと進む進学の流れは共通しています。

ですが、日本では暖かくなる4月から新学年が始まるのに対して、韓国では3月から新学期が始まります。

そのため、韓国では卒業式が2月の終わりに、入学式が3月の始まりに行われること。

2月末や3月の始まりは韓国ではまだ寒い時期であるため、日本の穏やかな気候の入学式とは異なる雰囲気を持っています。

そのため、比較的長い冬休みと短い春休みが特徴的です。

韓国の大学および語学堂について

韓国の大学の画像

大学の学期構成は?

3~6月、キャンプ、秋学期9~12月、冬休み。 1学期は15~16週間というイメージ4ヶ月勉強して、2ヶ月休み、また4ヶ月勉強して、2ヶ月休み、という大学では、6月と12月が期末試験のシーズンとなり、期末試験が終わって、2か月の休みです。がまいります。

韓国の語学堂とは

国公立や私立大学によって運営される、留学生向けの韓国語教育機関で、大学生との交流の機会もあります。

対象となるのは「18歳で韓国語を母国語としない人」つまり、外国人留学生のことです。

日本における高校卒業後の年齢に相当するため、18歳以上であればお申し込みが可能です。

堂語学では、約2ヶ月の間の間でも正規の語学プログラムが提供されています。

さらに、3週間程度の短い期間のコースを提供している学校もあります。(時期によって異なります)

韓国での留学費用は、1ヶ月の短期留学で約10万円25万円、1年間の長期留学で約90万円230万円程度が目安となります。(こちらも時期によって異なります)

語学堂の学期構成をもっと詳しく

韓国語を話している2体の人形の画像


韓国の語学堂では、大学によって異なることもありますが、一般的には春、夏、秋、冬の4学期に分かれていることが多いです。

語学堂を例に挙げると、年間を通して4つの学期が設定されており、各学期は約10週間で構成されています。

具体的な日程は、春学期が3月初旬から5月中旬、夏学期が6月初旬から8月中旬、秋学期が9月初旬から11月中旬、冬学期が12月初旬から2月中旬までです。

また、語学堂では、大学の夏休みや冬休みとは関係なく授業が行われるため、語学堂の生徒は長期休暇期間に授業がないという状況にはなりません。

ただし、春学期の開始が3月であることを意識して置き、日本の4月の開始とは異なることに注意が必要です。

民間の語学学校のシステム

勉強している女性2人の画像

韓国では、民間運営の韓国語学校や大学付属の語学堂など、さまざまな場所で韓国語の学習が可能です。

留学全体の費用としては、1ヶ月で10万円15万円、年間では130万円140万円程度が一般的です。

これらの学校では、大学の語学堂や民間運営の学校などがあり、それぞれ異なる評価設定をしています。

韓国語留学の費用に関しては、3ヶ月で10万円20万円が一般的な目安です。

大学付属の語学堂では、正規の過程が主に1級から6級までに分かれております級は1学期10週間(約3ヶ月)の期間で合計200時間の授業が行われます

これらの通常の授業は各学期ごとに受けることが可能です。

かなた

少しでも単語を口にできるようになると、楽しくなりそうですね!


ハル

最低1週間から留学することができるところもあるので、自分に合うか?とりあえず体験してくる‥ということもできますね。

https://twitter.com/mimikorea22/status/1722659714868318620?s=20

てん丸

頑張っている方がたくさんいるんですね!

韓国の「大学修学能力試験(スヌン)」

数学のノートとペンの画像

特に、韓国のドラマや日本のメディアでも時々注目される「大学修学能力試験」、略して「スヌン」は、日本の大学司法センター試験に相当する重要な試験です。

毎年11月中旬の木曜日に実施されるこの試験は、受験生の大学進学に大きな影響を与え、将来の方向性を決めると言われています。

先の大学が大きく変わることが多く、これに続いて各大学では面接や小論文を含む二次試験が行われます。

日本よりも新学期が早い3月に始まるから、スヌンは日本のセンター試験より早い時期に実施される点も特徴的です。

冬休みが終わるとすぐに春休み

花壇の中の韓国語の看板の画像

韓国の学校では、冬休み (期間は一般的に12月終了から来年の1月末まで) が終わる2月初めに授業が再開されると、その後すぐに1~2週間で春休みが始まるという特徴があります。

この時期は、韓国の学校における卒業式シーズンでもありますが、長期の休暇が得られる点で、羨ましいと感じる人も多いでしょう。

コウくん

いいなぁ~!(笑)

小学校から大学までの冬休みの違いについて

韓国の教育機関に関しては冬休みの時期には、小学校、中学校でわずかな違いが見られることもありますが、大まかには似たスケジュールを取っています。

韓国の大学が2学期制を採用しているため、春休みが設定されず、冬休みが12月初旬から来年の3月上旬まで続くことが一般的です。

小学校から大学まで全ての教育機関で3月の初めに新学年および新学期がスタートします。

韓国における冬休みと親のジレンマ

韓国料理の画像

韓国では、冬休みの期間が日本の夏休みと同じくらい期間が長いのが特徴です。

そのため、多くの子どもたちがこの期間を利用して塾(ハグフォン)に行き、集中的に勉強します。

しかし、問題は学校が塾の存在を意識して、冬休みの宿題をほとんど出さないことのようです。

実際には、全ての子どもが塾に通っているわけではなく、塾に行かない子どもたちはこの長い休みの間、勉強せずに過ごすことになってしまうようです。

韓国の教育への情熱の背景

韓国語で書いてあるノートとペンの画像

韓国が教育に熱心な国として知られていますが、実際には韓国の学校教育自体が特別に熱心であるわけではありません。

比較すると、日本の学校の方が教育に対して情熱が感じられます。

韓国では、学校教育だけでは子どもたちを十分に教育することが難しいため、多くの家庭が塾への通学を選択しています。

韓国の学校教育に偏見が起こることを期待する声もありますが、現実的には、子どもを塾に通わせるより現実的な選択となっているようです。

かなた

韓国へ留学を考えている方は、開講日や学期スケジュールについて事前にしっかりと調べて、休暇期間中も充実した時間を過ごすように計画を立てておくことをお勧めします。

韓国の学校の新学期はいつから?のまとめ

韓国の観光地の画像

今回は、韓国の新学期の前期や学期制度について解説してみましたが、冬休み期間が長いところに思わず子供の頃の気持ちになって、『羨ましい~』って思いました?(笑)

でも、やはりどちらの国でも勉強は大変な面はあると思いますし、自分で頑張って進んでいるんでしょうね。

日本では4月に新学期が始まり、3学期制が一般的ですが、韓国では3月からの新学期スタートや2学期制というシステムが採用されています。

これは日本のシステムと比べると少し違うため、イメージしにくいかもしれませんが、学校情報でもかなり詳しく説明されているので安心ですよ。

てん丸

同じ日本でもその土地土地でちょっと夏休みや冬休みのスタートが違かったりするので、韓国でも地区によっては違うところもあるのかもしれませんが‥

だからこそ、その違った部分を聞く機会があったらきっと楽しいだろうし、勉強にもなるかもしれませんよね!

目次